噛めない辛さでもう悩まない!インプラント治療で歯の健康を取り戻す!

キレイな歯で笑顔に自身が出てきます。安定した噛み合わせを長期間保つことが可能になるため
しっかりと食べ物を噛むことができますので、健康になり内蔵に負担をかけなくなります。

マイクロスコープの特徴

マイクロスコープは顕微鏡とくらべて、簡単に対象物を観察できるという事です。顕微鏡の場合、観察対象物を薄くスライスしたりする必要があります。

光学式の顕微鏡でも、実態顕微鏡や金属顕微鏡等はスライスする必要はありませんが、被写体深度が浅いため中心部から離れるとぶれるという難点があります。

マイクロスコープでは、観察対象物をそのまま観察することが可能です。さらに、画像デジタル処理を行うため、中心から離れた部分でもぶれることがありません。また顕微鏡では観察不可能な、狭い内部を観察したりすることが可能です。この特徴を生かしたものが医学用などに応用されています。

マイクロスコープを使って何をする

マイクロスコープというのは、カメラレンズを使って、モニターに映写するシステムのことを言います。カメラレンズとモニターをケーブルで延長することで、木の穴の奥等を探索して映写することが可能です。

また、レンズの性能から、高倍率でのモニター映写が可能の為、マイクロチップやハンダの不良チェック等の、工業製品品質チェック等にも使われます。

また、歯科の撮影から、胃カメラ、長カメラもそうですが医療撮影機器でも使われることがあります。このマイクロスコープの今までの使われ方、之からの使い方等をご説明していきたいと思います。

歯科治療の現場で役立つマイクロスコープ

モニターとの接続が可能なマイクロスコープは、一般的な光学顕微鏡と比べて対象物をスムーズに観察でき、長時間の使用でも眼精疲労を抑えられます。また、レンズ部分を自由に移動できるため、様々な角度からの観察も可能です。

マイクロスコープは歯科治療の現場でも多く用いられており、肉眼では見えないような細かい部分までチェックしながら治療を進められるので、より質の高い治療を目指せます。例えば、虫歯の削り残しが無くなったり、痛みの原因を特定できるなど、あらゆるシーンで優れた効果が期待でき、治療を受ける患者側にとっても大きなメリットになります。

光学レンズを使った顕微鏡とマイクロスコープ

物を拡大するときに一般的なのは顕微鏡ですが、光学レンズを使った顕微鏡は被写体深度が浅く、複雑な形状などの1点に焦点を合わせると回りがピンボケになることがあります。しかし、マイクロスコープでは画像処理を行うことで、被写体深度を深くしているため中心から離れた周辺のピントもしっかりと合わせることができます。

元々は、自動化された工場などのライン検査などで使われていましたが、現在では医療分野や科学研究など多くの分野で使用されています。マイクロスコープは画像のデジタル処理が容易なため、指定した面積を算出したり長さを計測することが可能です。

色々活用マイクロスコープ

肉眼では見られない細かい部分や狭い部分で使えるマイクロスコープには様々な種類があり、用途に応じて付いている機能も異なります。主に使用されている現場としてまず思いつくのが医療現場です。

内視鏡や歯科技工士用などで用いられる事が多いですが、その他にも金属顕微鏡や生物顕微鏡など、研究や開発などの様々分野で活用されています。

個人で使用する機会というのは今まで多くはありませんでしたが、最近ではUSB接続が出来るものも販売されており、個人的な作業や研究、または外出先での使用など、活用出来る幅はどんどん広がって来ています。

マイクロスコープで傷を確認

工業製品などを製造する会社では検査業務が必須です。出来た製品に機能上、有害となる傷が無いか、見た目で商品価値を落とす傷がないかと目で見る検査が必要となります。しかしながらこういった人の目で見る検査というのはその人の判断基準によって合格、不合格がまちまちになってしまいがちです。

そういったばらつきを抑えるためにもマイクロスコープなどで拡大表示をすることで、人による見え方という不安定要素をなくすことが可能です。

拡大倍率も簡単に変更できるものが多いので、製品ごとで一番確認しやすい倍率で表示すると、最も効率的に検査することが出来ます。

マイクロスコープの記事

ページトップへ戻る